ご挨拶

当社は創業以来、顧客満足を第一に考え、品質向上・コスト管理の為、いち早く自動電解研磨装置を導入いたしました。

スタッフは9名と少人数ですが、職人の腕と合理的な考えをもっています。
また、チームワークが強く、応用が利く営業形態ですので、極短納期に極めて特化し、産業の発展に貢献しています。

ステンレス、チタンの電解研磨や金属表面処理のことならお任せください。
試作・単品から量産、小物部品~大型製品まで責任を持って対応させていただきます。

会社概要

社名 有限会社 広一化学工業 (ゆうげんがいしゃ ひろいちかがくこうぎょう)
代表廣田 誠悟
所在地〒959-1286
新潟県燕市小関681-2
TEL0256-62-4368
FAX0256-63-8860
E-MAIL info@hiroichikagaku.co.jp
営業品目 電解研磨、金属表面処理全般
  • サンドブラスト処理
  • ステンレス電解研磨
  • ステンレス酸洗
  • ショットブラスト処理
  • 磁気・電磁バレル研磨
  • チタンカラー発色処理
  • ステンカラー発色処理
  • バレル研磨
  • 金属表面処理全般
資本金500万円
設立年月日1987年5月1日
従業員9名
取引先銀行
  • 協栄信用組合
  • 三条信用金庫
  • 大光銀行

沿革

1952年創業
1958年地元メーカーのステンレス製厨房機器の電解研磨開始
1985年ステンレス線材製品の電解研磨開始
1990年自動電解研磨装置導入
1992年理化学・実験用機器の電解研磨開始
1995年自動電解研磨後処理装置導入
1995年精密機械部品の電解研磨開始
2005年多品種・小ロット・短納期に対応するため治具を社内製造化
(汎用工作機の導入)
2005年ステンレス・チタンのカラー発色処理開始
2005年ステンレス・チタンアクセサリー部品加工開始
2007年ダマスカス鋼アクセサリー部品加工開始
2007年サンドブラスト加工開始
2007年内面バリ取り加工(電磁バレル加工)開始
2009年部分ブラスト加工開始
2011年ショットブラスト加工開始
2015年自動サンドブラスト装置導入

アクセスマップ

マップで見る

お気軽にお問い合わせください。